top_banner

ノコギリヤシのサプリとその選び方を解説

ノコギリヤシのサプリとは

84d8358bd0b1adbd1cb3def4f0dcfd90_s
ノコギリヤシは、北アメリカ南東部に自生するハーブの一種です。ノコギリヤシのエキスが男性ホルモンの働きを正常にするため、前立腺肥大症などの前立腺の病気の予防や改善、薄毛や抜け毛の悩みの解消が期待できるということで人気になっています。

ノコギリヤシの植物自体は一般のスーパーや八百屋などでは販売されていませんので、ノコギリヤシの効能を試してみようという場合にはサプリメントなどの健康食品で摂取する必要があります。

サプリメントは、大きく分けて抜け毛・薄毛対策に特化した育毛剤のようなもの、尿トラブルに特化したものの2種類があります。ノコギリヤシ自体の成分はどちらも変わらないので両方とも同じように効果は期待できますが、各メーカーでそれぞれの悩みに特化した成分が配合されている場合がほとんどです。

もしサプリメントでノコギリヤシの効能を試したい場合には、検討しているサプリメントがどのような目的なのかを確認したほうがいいでしょう。

ノコギリヤシの期待できる効果

では、ノコギリヤシで期待できる効果についてもう少し詳しくみていきましょう。ノコギリヤシはヨーロッパや医薬品として扱われているように、その効能については有用であると認められています。

ノコギリヤシの有用な性質はDHTの抑制です。

加齢などにより、男性ホルモンが多く分泌されるようになるとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生成されます。このDHTが増えてくると、前立腺内が肥大しはじめ、尿道が圧迫されることから、頻尿、残尿感などの排尿障害が起こります。

毛根の説明 医者

ノコギリヤシはこのDHTを抑制することで、DHTが原因の前立腺肥大症を改善するというものです。

このDHTは薄毛にも関係しているため、抜け毛や薄毛に対する治療薬「プロペシア」も同じようにDHTを抑制することで薄毛を改善します。

プロペシアは医薬品のため確実に効果がありますが、その一方で精力減退という副作用もあるのでプロペシアと仕組みが同じで副作用の少ないノコギリヤシで試してみるという方も多いようです。

ノコギリヤシはプロペシアより副作用がないということで人気ですが、ノコギリヤシでは効果が感じなれないという方も当然いますので様子をみながら自分に合った方を選ぶのがいいでしょう。

前立腺肥大症の予防や改善

前立腺は40代ぐらいからほとんどの人は肥大してきますがそれ自体は特に問題はありません。ただし、肥大が進んでくると、頻尿、残尿感、おしっこの勢いがなくなるなどの症状がではじめるので、これらを改善するのにノコギリヤシが有効であるとの研究結果があります。

頻尿の改善

頻尿頻尿の原因の一つが、先に紹介した前立腺の肥大によるものです。肥大した前立腺や過剰に縮んだ前立腺の筋肉が尿道を圧迫するため、尿道が狭くなり尿が出にくいといった症状がでてきます。

ノコギリヤシによって、尿の出がよくなると頻繁にトイレに行く必要がなくなり、頻尿が改善されることが期待できます。また、もう一つの頻尿の原因である「過活動膀胱」についても、ノコギリヤシによってホルモンバランスを正常にすることで改善が期待できます。

薄毛、抜け毛の対策

薄毛

薄毛の原因の一つにで男性ホルモンによるAGA「男性型脱毛症」があります。ノコギリヤシは男性ホルモンを抑制しホルモンバランス正常にすることによって抜け毛や薄毛を予防・改善します。

これは、医薬品として販売されているプロペシアなどと仕組みは同じで副作用がない分ノコギリヤシの方がいいように思えますが、やはり即効性ということでは医薬品にはかないません。ノコギリヤシで対策する場合には数ヶ月間は飲み続けて様子を見る必要があります。

また、抜け毛の原因は一つではありませんので男性ホルモンの影響での抜け毛ではない場合にはノコギリヤシで効果は実感できないかもしれません。

精力の増強

青空とビジネスマン,コピースペース基本的にはノコギリヤシは精力増強が目的のサプリではありませんが、前立腺肥大症を改善することで勃起不全が改善したり、男性ホルモンのバランスを整えることで結果的に精力が上がることはあるようです。

海外では精力増強が目的でノコギリヤシのサプリメントが販売されているところもあるようです。

ノコギリヤシのチェックポイント

ノコギリヤシの期待できる効果についてみてきましたが、ノコギリヤシのサプリメントは各社からさまざまな製品が販売されています。ノコギリヤシを実際に試してみたいとなったときには、以下のような点に注意して選ぶといいでしょう。

 配合量
ノコギリヤシの摂取量については、厚生労働省で発表されていませんが、目安として200mg~320mg程度といわれています。海外のサプリでは500mgというようなものもありますが、国内のサプリの多くは320mgぐらいです。過剰摂取は副作用が出ることも考えられますので、多くとも320mgまでにしておいたほうが問題が少ないと思います。

 抽出方法
ノコギリヤシエキスを抽出する方法として、以前からあるアルコールやオイルでエキスを抽出する方法と、イタリアのインデナ社が開発した「超臨界抽出法」という高圧力で二酸化炭素を使用した方法があります。

従来の方法では、抽出物を保存するために添加物を加え品質として問題がありましたが「超臨界抽出法」で抽出したエキスではその必要がなくなり従来のものより品質がいいといわれています。

 その他
ノコギリヤシのサプリメントの場合、品質やその他のサービスなどがあった方がお得感があります。返金保障がついていると自信の表れともいえますし、他の配合成分が多いと頻尿や薄毛への相乗効果が期待できます。また、余計な添加物が入っていないかもチェックポイントです。今は粗悪なサプリを出すところはほとんどなくなりましたが、海外製のサプリなどは品質がわかりにくいので注意が必要です。

オススメのノコギリヤシサプリは?

ノコギリヤシサプリは、現在さまざまな製品が販売されていますが、それぞれを比較しやすいように配合量やその他の成分について表にまとめました。ノコギリヤシのサプリは頻尿対策と薄毛対策の2つに分かれますのでそれぞれで表をわけてあります。

育毛対策のノコギリヤシサプリはコチラから

頻尿、前立腺炎対策

商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
抽出方法 その他
頻尿対策 single
320mg
triangle
超臨界抽出法
double
返金保障アリ
健康食品で有名なやわたから販売されているノコギリヤシサプリです。他の成分を使用せずにノコギリヤシの成分で勝負しています。その分品質とコスパが他の商品よりも優れています。ノコギリヤシは320mgと十分な上に超臨界抽出法なので品質がよく、吸収率も期待できるでしょう。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
抽出方法 その他
頻尿対策 single
320mg
single
超臨界抽出法
double
他の成分が多い
小林製薬のノコギリヤシ製品で、通常版よりも価格は高いですが超臨界抽出法を採用しているので吸収がよく実感を得やすいということで価格以上の価値はあるかと思います。その他の配合成分は、健康に役立つ7種の植物成分とトマトリコピンで男性のリスク低減が期待できます。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
抽出方法 その他
頻尿対策 single
320mg
triangle
不明
triangle価格が安価
定番のDHCのノコギリヤシでコンビニや薬局で安価で手軽に買えるので人気があります。ノコギリヤシの配合量については、標準的ですが抽出方法やノコギリヤシの採取地、抽出の場所が非開示なことろがマイナスな点です。価格が他と比べて安価なところが特徴です。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
抽出方法 その他
頻尿対策 triangle
236mg
triangle
不明
triangle
特になし
他の成分を配合せずに純粋にノコギリヤシのパワーで尿トラブルに対応するという製品です。価格が他と比べて高額なのとノコギリヤシの配合量が少ないのが気になります。サプリの内容や生産工程などの充実さは詳しく載っていますが正直このサプリの良さについてはいまいち伝わっていないのが残念です。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
抽出方法 その他
頻尿対策 double
320mg
triangle
不明
triangle
特になし
小林製薬のノコギリヤシは、ノコギリヤシ320mgにその他の成分としてカボチャ種子エキスとビタミンEを配合したオーソドックスなタイプの製品です。内容的にはよくある配合で目新しさはないのですが、価格の安さと基本的な成分と会社の姿勢がよいので人気が高いです。ただし超臨界抽出法ではないようなので、このサプリなら小林製薬の他のサプリの方がよさそうです。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
抽出方法 その他
頻尿対策 double
320mg
triangle
不明
triangle
特になし
人気のFANCL製のノコギリヤシでカボチャ種子エキスとビタミンEが配合されています。ノコギリヤシの配合量は320mgと他のものとほぼ同じ、超臨界抽出法ではないようなのでそこはマイナスポイント。価格は他のサプリと大きく変わらない印象です。よく言えばオーソドックス、悪く言えば特徴がないといった感じです。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
抽出方法 その他
頻尿対策 single
320mg
triangle
不明
triangle
特になし
Asahiからノコギリヤシにリコピンをプラスして中高年の夜をスッキリさせるサプリです。ノコギリヤシにリコピンを配合することで、高酸化力、男性機能の衰えを防ぎ健康を維持しようとする試みです。ノコギリヤシの配合量は一般的な320mgで問題なく、特に可もなく不可もなの割には価格が結構高いという商品です。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
抽出方法 その他
頻尿対策 single
320mg
triangle
不明
triangle
海外製
アクアヴィータから販売されているノコギリヤシサプリです。オーソドックスにアメリカの工場で加工されたノコギリヤシだけを320mg配合しています。シンプルなつくりなので、とりあえずノコギリヤシだけを試してみたいという場合に向いています。品質については、海外製なので詳細な情報がなく不明です。保障もよくわからないので特にこのサプリを選ぶ必要は感じられません。
頻尿対策 triangle
160mg
triangle
不明
triangle
特になし
大塚製薬のネイチャーズリソースです。サプリ自体はアメリカで作っているようですが、ノコギリヤシの含有量が160mgと他のサプリに比べて半分という量。しかも他の成分も入っていないので、値段は安くともちょっと効果が表れるかどうかは疑問です。逆にこれだけの量のノコギリヤシで効果が出る人なら、コスパがいいのですが正直普通の人には効いているのかどうかわからないと思います。
頻尿対策 single
320mg
triangle
不明
triangle
特になし
アサヒのサプリメントシリーズDearNaturaからノコギリヤシにリコピンをプラスしたサプリです。ノコギリヤシの配合量は320mgと標準的ですが、リコピンは1日の推奨量15mgの半分ともう少し欲しいところです。リコピンは抗酸化作用があり、男性の不妊や髪にもいい影響があるということで男性のいろいろな悩みに対応できそうです。

 

育毛、薄毛対策

育毛・薄毛対策のノコギリヤシサプリは頻尿対策とはまた別のアプローチが必要です。すなわち、薄毛や抜け毛の原因は人によって異なるのでノコギリヤシだけでは効果がでるかわかりません。そのため、ノコギリヤシ以外の成分でさまざまなアプローチをする必要があるのです。評価はノコギリヤシの含有量に、その他の成分、抽出方法の3つで判断しました。


商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
その他の成分 抽出方法
薄毛対策 丸
300mg
single
コラーゲン
ペプチド
イソフラボン
亜鉛
triangle
不明
育毛用にノコギリヤシと他の有効成分を多数配合したオールインワンサプリ、ノコギリヤシを300mg配合している他にもコラーゲンペプチド、イソフラボン、亜鉛と育毛に良いといわれる成分をふんだんに取り入れています。配合の内容としては豊富なのであとは相性がいいかどうかの差でしかありません。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
その他の成分 抽出方法
薄毛対策 三角
100mg
single
ミレットエキス
triangle
不明
薄毛に特化したタイプのノコギリヤシサプリで、ノコギリヤシと共にミレットエキスが配合されています。ミレットエキスは、育毛や疲労回復などでヨーロッパで医薬品として使われている成分です。ノコギリヤシの含有量は少ないですが、ミレットエキスの方がメインになっているので、ノコギリヤシは補助的な役割として使っているようです。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
その他の成分 抽出方法
薄毛対策 batu
不明
single
クラチャイダム
triangle
不明
ノコギリヤシにクラチャイダムを配合した製品でノコギリヤシの配合量は不明です。クラチャイダムは精力増進などの期待ができ薄毛対策などにも有用な成分とされています。口コミでもこのノコギリヤシにクラチャイダムを配合したものは効果が実感できると評価が高いのですが、配合量が不明なためそこが残念です。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
その他の成分 抽出方法
薄毛対策 batu
不明
single
菊芋
コラーゲンペプチド
根昆布
大豆抽出物
triangle
不明
ノコギリヤシと7種の有効成分を配合したサプリで薄毛対策を行います。菊芋やαリポ酸など糖尿や抗酸化対策にもなるので生活習慣病などの予防など健康に気を使う40~50代の方などにいい成分です。ノコギリヤシなど配合量がどのくらいか不明なのが残念です。
商品名 目的 ノコギリヤシの
含有量
その他の成分 抽出方法
薄毛対策 batu
160mg
singleカボチャ種子エキス triangle
不明
3ヵ月分で1,580円なのでノコギリヤシ製品としてはかなり安価です。しかし、ノコギリヤシの配合量が160mgしかなく必要な量としては不足しています。ノコギリヤシの他に配合されているのはパンプキンシードです。パンプキンシードには、ビタミンB,E,カロチン、タンパク質などの栄養素が含まれており頻尿の改善に良いとされています。

結局どのノコギリヤシサプリがおススメ?

現在販売されているノコギリヤシのサプリを一覧にしましたが、正直たくさんあってどれがいいのかわからない。という人もいるのではないでしょうか?

ここで、もう一度おさらいするとノコギリヤシサプリメントを選ぶ基準としてはノコギリヤシの配合量他の成分抽出方法ということをお伝えしました。

これを頻尿対策のノコギリヤシでチェックすると、「やわたのノコギリヤシ」「小林製薬のノコギリヤシEx」があてはまります。男性の頻尿対策にはこのどちらかの製品で効果がなければ別の対策を考える(前立腺肥大症での頻尿ではない)ほうがいいかもしれません。

育毛対策の場合は、ノコギリヤシの配合量が明記されていないものが多く、別のいろいろな成分で育毛効果を期待するような商品が多いのですが、配合量や他の成分をトータルで考えるとBOSTONが一番無難かなといった印象です。

ノコギリヤシの成分

ノコギリヤシの主な成分は、植物ステロール、オクタコサノール、脂肪酸類などです。植物ステロール、オクタコサノールはコレステロールや運動時のエネルギーに関与します。

植物ステロール
豆類や穀物の胚芽に多く含まれ、コレステロールの吸収を抑え、血中コレステロールを下げる働きをします。

オクタコサノール
りんごなどの果物の皮から見つかったアルコールの一種で運動のときのスタミナアップやエネルギーを生み出すのを助ける働きをします。

脂肪酸類は、ラウリン酸、リノール酸、オレイン酸などです。脂肪というとなにかマイナスなイメージを持ってしまいがちですが、脂肪酸は人体にとって大切な栄養素です。細胞や脳、ホルモンなどを構成する材料として重要な役割をもっています。

過剰な摂取はコレステロール値や脂肪の増加など悪い影響を与えますが、適切に摂取することで人体の健康のために良い影響を及ぼします。ノコギリヤシに含まれる脂肪酸のそれぞれの働きは以下のようになっています。

ラウリン酸
母乳に含まれ免疫力を高めたり、腸内の悪玉菌を攻撃しながら善玉菌をサポートする作用がります。

リノール酸
コレステロール値や血圧を下げるといった作用があます。

オレイン酸
オリーブ油・キャノーラ油・ナッツ類に含まれる脂肪酸です。
人体内で過酸化脂質をつくりにくいので、動脈硬化・高血圧・心疾患などの生活習慣病を予防・改善する働きをします。

ノコギリヤシサプリの効果がでる飲み方

ノコギリヤシには、特に副作用などは報告されていませんので安心して摂取できる成分です。そしてノコギリヤシのサプリの最も効果を出しやすい飲み方は、毎日決まった量を続けて飲むことです。

今日は飲まなかったけど昨日は2倍の量を飲んだなどと毎日バラバラな飲み方をするとせっかくの効果も十分にでません。飲み続けて、1ヶ月半~2ヶ月ぐらいで徐々に効果がで始めることが多いので根気よく続けることが大切です。

ノコギリヤシサプリ購入の注意点

081377

ノコギリヤシのサプリを選ぶ際の注意として、ノコギリヤシだけを配合しているサプリはほとんどないということです。

各サプリには、どのような目的で摂取するかが決められているので尿トラブル対策だとカボチャ種子エキスが配合されていたり、薄毛対策だと各社が独自にその他の成分を配合していることが多いです。

そのため目的にあったノコギリヤシサプリを選ばないと、効果があまり感じられないなど無駄なお金と時間を使ってしまうことになってしまいます。どのような目的でサプリを摂取するのかを決めてサプリを探しましょう。

他の薬との併用は注意

ノコギリヤシは天然の植物の成分のため特に副作用などはないといわれていますが、以下のような場合は念のためサプリメント摂取には注意したほうがいいでしょう。

他の育毛系の薬品との併用

プロペシアなどの薄毛予防の薬品と併用するとわずかではありますが、精力減退のリスクがあるとのことです。育毛系の薬品やサプリメントとの併用は避けたほうがよさそうです。

ホルモンに関わる薬との併用

ノコギリヤシは、男性ホルモンに影響をあたえるためホルモンの分泌やバランスを整える薬を服用している場合にはなんらかの影響がでることが考えられます。

妊活中、妊婦の服用

特に妊娠中の女性への影響などは報告されていませんが、ノコギリヤシはホルモンに影響を与える成分のため、妊活中、妊娠中の女性は念のため服用を避けたほうがいいでしょう。

ノコギリヤシの副作用は

supli

尿トラブルや薄毛対策などさまざまな効果が期待できるノコギリヤシですが、副作用は以外にもほとんどないといわれています。ノコギリヤシは天然の植物で原産地の北米では食用として親しまれているので特に問題はないということです。

ただし、サプリメントなどで過剰に摂取すると腹痛や吐き気などの症状が出る場合もありますので、容量や用法を守って摂取するようにしてください。

目的別のノコギリヤシの選び方

selectノコギリヤシのサプリは、目的に合わせてその他の配合されている成分が異なります。

前立腺炎に基づく尿トラブル対策では、頻尿に効果のあるカボチャ種子エキス(パンプキンシードエキス)を配合している製品が多く、薄毛対策用のサプリでは、製品によりさまざまですがビタミンEやセンブリエキスなどの育毛によいと言われる別の成分を同時に配合しています。

これらの成分は多く入っていれば優秀なサプリということはなく、成分の含有量やバランスなども大事です。また、薄毛などは特に原因が複数あるので万人に必ず効く成分というものはありません。配合されている成分などを比べて自分に合うサプリを探す努力は必要になります。

ノコギリヤシサプリに配合されている他の成分

 かぼちゃ種子エキス
頻尿などの尿トラブルを改善するため、ヨーロッパでは医薬品として使われることもある成分です。排尿時の問題を解決するために頻尿対策系のノコギリヤシのサプリに配合されていることがもっとも多くなっています。どちらかと言えば女性向けの商品に多い印象ですが、男性の前立腺肥大にも作用するので性別問わずどちらでも使えます。

 ビタミンE
ビタミンの中でもビタミンEは男性ホルモンの正常化や血管の健康の維持など主に全身の若返りに役立ちます。薄毛などの髪のトラブルによいということで抜け毛対策のサプリに配合されることが多い成分です。脂溶性なので摂りすぎには注意が必要です。

 セサミン
ゴマに含まれている成分で、前立腺炎などの予防効果が認められています。抗酸化力の強いビタミンEなども含まれているため、尿トラブル、抜け毛の両方をサポートできます。多くはありませんが、ノコギリヤシサプリにも配合されていることがあります。

 亜鉛
亜鉛はノコギリヤシと相性のよい成分で、薄毛の原因となる酵素を抑制する働きがあります。ノコギリヤシと同じような働きをするため、ノコギリヤシとの相乗効果で効果がさらに期待できます。牡蠣やレバーなどに多く含まれていますが、不足しがちな栄養素なので意識して積極的に摂る必要があります。

ノコギリヤシのサプリをドラッグストアや近所の薬局で買える?

ノコギリヤシのサプリは、小さな町の薬局には置いてないかもしれませんが都市部のチェーン系のドラッグストアには置いてあることが多いです。ただし少し大きめのドラッグストアでないと、置いてないか種類が少ないこともあります。

たぶんDHCのノコギリヤシサプリや小林製薬のものなどは置いてあることが多いでしょう。ネットで販売されていものとの違いは、ノコギリヤシの配合量やノコギリヤシ以外の成分の種類が違います。

ドラッグストアに置いてある大手のノコギリヤシは大抵ノコギリヤシ1種類だけを配合していることがほとんどです。ネットの通販で買えるものは、頻尿、薄毛などの目的別に効果を引き出すためにメーカー独自にペポカボチャ種子エキスやミレットエキスなどを加えたりしています。